ふと想うこと あれこれ  ⇒目次へ
 2018/05/05 小笠原でも「内地(ないち)」という
 
 私が子供の頃、北海道では、本土(本州以南)のことを内地(ないち)と呼んでいました。明治維新前後に開拓が始まって間もないせいか、はるばる外地へ来たという意識と、出身地への郷愁がそう言わせたのでしょうか。
  
 
その後北海道では、航空網の発達や青函トンネルの開通もあって、すでに本州と区別して考える意識は薄れたのでしょう。今は一部の高齢者以外は、その言葉を使わなくなったように思います。私たちも使いません。
  
 先月、小笠原諸島を訪れて、現地の人たちが本土を
内地と呼んでいたので驚くとともに、とても懐かしさを覚えました。たしかに本州を離れること1,000キロ。はるかなる絶海の島々です。通常では24時間かかる船以外に、本州への交通手段がないこともあるのでしょう。
  
 2016年10月、オリンピック・パラリンピックの終わったブラジルから日本へ大会旗が届き、それを小池東京都知事が、硫黄島経由で小笠原父島まで持って行ったそうです。「小笠原村も東京都なんですよ。外地ではないんですよ」という意味を込めたのでしょうか。
  
 橋やトンネルでつながっている九州や四国はともかくとして、沖縄県を含む多くの離島では、本土を『内地』と呼ぶのでしょうか。