北 海 道 弁  作成途中:2020/09/06  か〜こ
  な ま り  標      準      語
 〜かい?  〜ですか?
 がいに  とても、非常に
 かいぃ  かゆい
 かいべつ  きゃべつ
 がおる  疲れ切る、まいる、やつれる
 かがまる  しゃがむ、体を縮める
 かがむ  しゃがむ、体を縮める
 がき  子供、青二才
 がさい  みすぼらしい、古びた、みっともない
 かさびた  かさぶた
 かじかむ  凍える、凍り付きそう
 かしがる  傾く
 がす  霧、煙霧 ⇒ガスる
 かすべ  エイのヒレ (煮物にしたり、干し焼きで食べる)
 かぜる  加える、混ぜる、仲間に入れる
 〜がた  〜たち:わたしがた⇒私達 あんたがた⇒あなた達
 がたい  体格
 かたがる  傾く
 かたびっこ  左右不ぞろい ⇒(靴、靴下、手袋など)
 かちゃっぺない  頼りない、貧弱な
 がちゃめ  ものもらい、目の病気、見間違い
 がっくしくる  がっくりする
 かつける  押し付ける、せいにする
 がっさい  みすぼらしい、古びた、みっともない
 かっちけねぇ  かたじけない、ありがとう、すまない
 がっちゃい  みっともない、センスがない ⇒(ダサイ)
 がっちゃき  痔、痔瘻
 かっちゃく  ひっかく、かきむしる
 かっちゃます  かきまわす、かきまぜる
 かっちゃまぜる  かきまわす、かきまぜる
 かっつける  押し付ける、せいにする
 かっぱがえす  ひっくり返す、裏返す
 かっぱらう  盗む、強奪する、横取りする
 かっぴん  ガラス瓶の金属製の蓋
 かつぶし  かつおぶし
 かてる  加える、混ぜる、仲間に入れる
 かでる  加える、混ぜる、仲間に入れる
 かなちょろ  かなへび
 かぶさる  かさなる、重複する、庇う
 かまかす  かきまわす、かき混ぜる
 かます  かきまわす、かき混ぜる
 かます  はさむ、はさめる
 かまどをかえす  破産する
 がめる  独占する、掻き集める、横取りする
 がや  エゾメバル(ガヤガヤするほど釣れる魚)
 かやる  傾く
 からっぽやむ  怠ける、怠慢な、ぼんやりする
 かる  (錠などを)掛ける
 かんかい  コマイ(氷下魚)⇒タラ科の小型魚
 かんかん  金属製の缶
 がんがん  金属製の缶
 かんとまめ  金落花生、ピーナッツ
 がんび、がんぴ  シラカバ類の幹の皮 ⇒火種に使う
 かんとんまめ  金落花生、ピーナッツ
 がんべ  かさぶた
 かんます  かきまわす
 きかない  乱暴だ、強気だ、腕白だ、やんちゃだ
 きさま  おまえ、てめぇ
 きしゃ  機関車で引っ張る列車
 きったぎる  ぶった切る、切り落とす
 きとびろ  ぎょうじゃにんにく ⇒あいぬねぎ、ひとびろとも
 きとぴろ  ぎょうじゃにんにく ⇒あいぬねぎ、ひとびろとも
 きばる  頑張る、見栄を張る
 きもい  気持ち悪い、不気味だ
 きもやける  腹が立つ、いらいらする
 きりあげる  やめる、終了させる
 きりこみ  ニシンなどの切り身を塩麹に漬けたもの
 きんき  キチジ(メバル科の根魚)⇒「めんめ」とも
 きんたま  陰嚢
 ぐすべり  グースベリー(西洋すぐり)
 くまる  からむ、からまる
 くっちゃべる  べちゃべちゅ喋る、よく喋る
 ぐったらめく  ぐちゃぐちゃ言う、無意味なことを言う
 けいじ(鮭児)  脂の乗った若いシロザケ
 けぇ  食べなさい
 けたいだ  おかしい、不可解だ ⇒怪態だ
 げっぱ  最下位、どん底
 けっぱる  頑張る
 けむい  煙たい
 げれっぱ  最下位、どん底
 げんこ  げんこつ、拳
 けんち  「けいじ(鮭児)」の道東地方のなまり
 こく  出す、ひる ⇒(へぇこく→おならをする、ひる)
 こく  (嘘・ばか)を言う ⇒(何こいたもんだ!→何を言うか!)
 こくわ  さるなし、ベヒーキウイ
 こじきもり  (ご飯を)山盛りにすること、てんこ盛り
 ごしょいも  じゃがいも
 こそっと  こっそり、内緒で
 ごそっと  ごっそりと、全部
 こちょばい  すぐったい
 こちょばしい  すぐったい
 こちょばす  すぐる
 こっこ  子供、魚卵
 ごっこ  ホテイウオ科の根魚 ⇒ごっこ汁
 こったら  こんな、このような
 こったらべっこ  こんなにほんの少し、こんなにわずか
 こっぱ  木のかけら、木片
 このわた  ナマコの内臓の塩辛
 こまい  小さい、細かい (氷下魚)
 ごみステーション  家庭ごみの集積所
 ごもくそいう  ぶつぶつ不平を言う
 これば?  来たら?、おいでよ
 こわい  だるい、疲れた
 こんつける  怒ってふくれる
 ごんぼほる  だだを捏ねる、わがままを言う、動かない 
 こんまい  小さい、細かい