双子のイチゴ

🍓 この春に、妻が求めてきたイチゴの苗をプランターで育てていた。半月ほど前から花を咲かせ、今日初めて採取した実は、1個の花茎に2個の実が成る双子だった。

🍓 さっそく摘んで、それぞれを半分に切って練乳をかけていただいた。小粒ながら、かすかな酸味と強い甘みがあった。

カテゴリー: 日々つぶやき, 農耕園芸, 飲む、食べる | コメントする

パーゴラのバラ

🌼 3年ほど前に、玄関アプローチから菜園に入るところに、息子夫婦が持ってきてくれたツルバラを2種類植えて、ハルーゴラを組んでおいた。これらのバラは昨年には一番上まで伸びて、アーチ状になった。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMGP0040-600_450z-1.jpg

🌼 西側のツルバラは中ぶりの白い花で、東側は小ぶりの淡いピンクの花を咲かせる。

カテゴリー: 日々つぶやき | コメントする

コウリンタンポポ

🌼 5日前に、自宅の庭で咲いていたキバナコウリンタンポポをアップした。今日、近くの西野緑道を散歩していて、紅色のコウリンタンポポが咲いているのを見つけた。

🌼 この花の仲間を初めて見つけたのは、2004年7月、礼文島の高山植物園の前だった。写真に撮って図鑑で調べると、ヨーロッパ原産の外来種らしい。最近、札幌市内でも時々見かけるようになった。近くの神社社務所裏にあり、そして今日西野緑道でも見つけた。我が家のキバナコウリンタンポポは、数年前にご近所からわけていただいたもの。

🌼 上の紅色のコウリンタンポポは漢字では『紅輪蒲公英』と書き、俗に『エフデギク』とも呼ばれているそうだ。可憐ないい名前だと思う。

カテゴリー: 公園, 季節, 日々つぶやき, 花・植物 | コメントする

札幌時計台

🚌 今日は所用があって、妻と久しぶりに市街地に行ってきた。不織布マスクをかけ、人出の少ない時間帯に出たのだが、バスは4月から日中の本数が減らされ、いつもより込み合っていたし、地下鉄もいつもより混んでいた。市役所の北西には時計台があり、寄ってみた。
⏰ この時計台は、1878年に開拓使の本庁舎として建てられ、間もなく札幌農学校(現在の北海道大学)の演武場として1903年まで利用され。、その後市の所有となり、現在の場所に100メートルほど移築した。私が子供の頃は周囲にビルも少なく、それなりに風情があり、中には札幌農学校時代の講堂があって、開拓時代の資料を見ることかできる。

 『緑の丘の赤い屋根 とんがり帽子の時計台・・・』の童謡は、長野県安曇野の戦災孤児保護施設を舞台にしたラジオドラマ『鐘の鳴る丘』の主題歌だったが、国民の間にはこの札幌時計台のイメージがかなり強いようだ。しかし今は四方に高層ビルが立ち並んで、時計台はまるで遺跡のように目立たなくなってしまった。このイメージが強いせいか、最近は国内の「がっかり観光地」の第1位に挙げられてしまった。

 時計台が出来て2年後の1880年に、ここから100メートルほど東側に開拓使直営の洋式ホテルとして豊平館(ほうへいかん)が建てられ、こちらは1958年に、中島公園の大池のほとりに移築され、今も風情を保っている。ただ最近豊平館のすぐ北側に高層ホテルが建てられて、正面からの景色が壊されてしまった。
 3年程前に、市庁舎の16階から時計台を見下ろした時、『赤い屋根』がさび付いていて、見るに堪えなかった。中島公園か羊ケ丘に移築という提案をしたかったが、既に札幌市の予算に屋根塗装のやり直し費用が計上され、決定していた。上にも書いたように、豊平館も景観を壊されており、今は中島公園への移築も否定したい。
 3年程前に、藻岩山からの札幌市街地の夜景が『新日本三大夜景』に認定された。市の側は大喜びしていたが、観光地としての「がっかり」と誉め言葉の混在。為政者はどこへ行こうとしているのか。

カテゴリー: 土木・建築物, 思い出, 想うこと, 日々つぶやき | コメントする

庭の初夏の栽培花

🌼 庭の花が増えてきた。

カテゴリー: 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 | コメントする

30℃超え

🌞 きょう13:15に、自宅の外気温測定器で34.8℃になった。自宅では今まで何回か30℃を少し超えたことはあったが、札幌管区気象台発表ではまだ30℃を超えたことはなく、今日の最高気温も29.5℃と発表されている。

🌞 晴天の高空を時々厚めの雲が流れていく。しかし陽射しは強烈だった。近く琴似発寒川に架かる右股橋に出かけてみると、春先に比べてかなり減少した川水が、静かに啼かれていた。この橋でたまに見かけるカワガラスは、今年はまだ観ていない。

🌞 追記(2021/07/01) この翌日(11日)には、気象台の記録が今年初めて30.6℃になったと記録されたが、自宅のデータは34.6℃だった。気象台の記録上では、この11日以降、6月中に30℃を超えたことはない。

カテゴリー: 天候, 季節, 日々つぶやき, 自然 | コメントする

ギョウジャニンニクの花穂

🌼 一昨年植えておいたギョウジャニンニクが、今年も4月中旬に芽吹いた。10日ほど前に花穂を5本立て、今朝開花した、

🌼 今年はカズガ少ないので、刈り取って食べなかった。この花殻何とか種子を採取して、株が増やせないか試行錯誤している。

カテゴリー: 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 | コメントする

キリの花

🌳 琴似発寒川に架かる右股橋の下流側左岸に、中ぶりのキリの木があり、今花を咲かせている。毎年咲くのだが、なぜか前年の花殻(実殻?)が残っている。

🌳 花が終わり、新しく実を着けると、古い花殻を付けた枝が落ちるようだ。この淡い紫の花は、さほど目立たないのだが、よく見ると高貴な花に見える。

🐞 気温が上がってきて、ベランダで陽に当たっていたら、エゾアオカメムシが飛んできて、私の袖に止まった。しばらく見ていると、私の上着と手摺の間を行き来して、やがて菜園の方に飛び去った。
🥀 今日は母と弟の76回忌だ。新たに花を求めてきて、ガラスの花瓶に飾った。

カテゴリー: 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 | コメントする

クロユリ2態

🌸 5月中旬にクロユリ『A』が咲いた。図鑑やネット画像と比較してみると、花の色合いや咲き方に2通りが見られる。5月に咲いたものは、茎も葉も細くユリらしくない。花は1本立ちで色合いは赤紫にやや淡い色の点が多数ある。花のほうは図鑑にもみられる。

🌸 そのすぐ横に、ユリらしい株が2個あって、それがどんどん伸びで蕾を付けると、今日開花した。これはユリの仲間らしい株立ちで茎頂に3個の花弁が下を向いて咲き、色は黒紫で花弁数は6枚ずつ。色は不透明な黒紫。で、頂部に3個の花を付けた。
🌸 この花も図鑑やネットには『クロユリ』として掲載されており、やや区別に苦しむ。こちらの方は、とりあえずクロユリ『B』としておく。

🌸 図鑑でもネット画像でも両方が『クロユリ』として掲載されているので、5月に開花したものを『クロユリA』、昨日開花したものを『クロユリB』として区別しておく。

カテゴリー: 天候, 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 | コメントする

アズキナが開花

🌸 一昨年に無近所のお宅から頂いて植えておいたアズキナ(ユキザサ)が葉を拡げ、白い花が開花した。穂立ちした花穂の先に玉のような白いツボミを付け、下から順に花弁を開いていく。

🌸 はじめに株を頂いたときに、一掴みの葉も頂いていて、その葉は茹でて食べた。素朴だが独特の風味で、甘さも感じた。昨年も今年も、もっと株を増やしてから、ということで、収穫しなかった。

カテゴリー: 天候, 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 | コメントする