母と弟 75年忌

🌼 終戦直前の神戸大空襲で母と弟を亡くしてから、きょうで75年目の命日。ささやかながら花を求めてきて、花瓶に飾った。妻は二人を知らないが、一緒に祈ってくれた。

🌼 この3月13日に、その母の姉の長女(従姉)が亡くなった。先月末に、夫である従兄が「こんな時期だから」と、四十九日の法要の後に電話で知らせてくれた。一昨年、夫婦で初めて北海道を訪れてきてくれて、札幌市内を案内したのが最後の出会いになった。

カテゴリー: 思い出, 日々つぶやき | コメントする

コロナウイルス緊急通報

 きょう16時ちょうどに、私たちのアイフォンやアイパッドがけたたまい緊急通報音を出したので、スワまた近くで地震発生かと、思わず身構えた。

 しかしこれは、鈴木北海道知事からの外出自粛要請という内容だった。ものものしいとは思ったが、北海道では ここ3~4日ほど、1日40人前後の感染者が発生し続けているからだろう。
 この感染者数の増加は、札幌市内の老人養護施設における、患者や職員の方たちの集団感染が大きな割合を占めていて、その最初のきっかけが分かっていないという。もう院内感染にとどまらず、市中感染の状態になっている。
 鈴木知事は2月末の時点で国に先駆けて北海道に緊急事態宣言を提示して以来、毎日テレビに数回、15秒程度顔を出して、道民に外出自粛を訴えている。

🌞 この日は無風快晴で、自宅の屋外日陰で正午過ぎに28.2℃を記録した。この後は菜園で作業中で調べていないが、14時頃には30℃を超えたかも。気象台は23.3℃と発表した。

カテゴリー: 日々つぶやき | コメントする

菜園の新芽

🌳 ここ数日気温が高い。今日も我が家の屋外の温度計は、21.9℃を指していた。それでも札幌気象台の記録では17.2℃だった。

🌳 雨は少ないが、耕運機で起こす前作業のための、石灰撒きがまだ終わっていない。少し出遅れた。腐葉土は、近くの養護施設で販売していたものを、既に購入してある。

🌳 娘の家族が一昨年秋に植え付けて、昨年少し収穫し残したにんにくが、あちこちに芽生えてきたので、場所を移して集めておいた。

🌳 またこの土地に転居してきたとき、以前の住人が植えておいたアスパラガスも、芽吹き始めた。私たちがここにきて11年目になるが、それ以前は何年たっているかわからない。それでも、去年もかなり収穫できた。もちろん7月中に収穫を止め、冬まで茂らせておく。

カテゴリー: 季節, 自然, 花・植物, 農耕園芸 | コメントする

極端から極端へ

🌞 この冬はそこそこの降雪はあったものの、気温が高めに推移している。2月25日に80センチあった積雪も、その後1日の平均気温がマイナスになることがあまりなく、我が家の南側の中通りでは路面の雪が3月22日にはなくなった。

⛄ しかし23日夕刻から降り続いた雪で、24日の朝には路面がすっかり白くなった。

 だが、自宅の周辺では気温が高めに推移しているので、この白さも2~3日経つと消えて、早めの春支度を始めなければならないだろう。

カテゴリー: やれやれ・・・, 天候, 季節, 想うこと, 日々つぶやき, 自然 | コメントする

先行きが心配なコロナウイルス

 全世界での新型コロナウイルスの感染者がまだ増え続けている。特にアメリカでの感染者の急増が心配である。日本では落ち着いてきたとして、最近外出自粛を解かれたために、感染しても発症しにくい若い人たちが繁華街を歩き回り始めている。それが感染源になって、再度感染のクラスター爆発が起こるのではないかと気になっている。
 一時全国で一番感染者数の多い時期が続いた北海道では、今月初めに鈴木知事による小・中学校の休校指示と、道民への週末の外出を控えるようにとの依頼で、徐々に増加が頭打ちになってきた。
 ところが、経済の落ち込みや就業者の収入減などで、一時全国的な感染者増加のゆるみがあってか、行政の拘束がやや弱まったとたんに、東京都の増加が始まって、国や東京都の慌てぶりが目立ってきた。

カテゴリー: 日々つぶやき | コメントする

芽吹き

🌞 ここ数旬の気温の上下の中、昨日からの暖気で、近所も自宅も積雪が嵩を減らしてきた。快晴の陽射しの中、妻と市街地の病院や図書館へ行く時に、琴似発寒川にかかる橋の上から、河原の縁にフキノトウが顔を出しているのが見えた。今年初の新緑である。

🌞 中央図書館の庭園はまだ雪の中だったが、樹々の芽はやや膨らんできて、後ろの藻岩山の山肌の雪もかなり薄っぺらな感じになってきた。

🌞 帰り道、バスを降りて自宅近くまで歩くと、バス通りに面した個人宅の前庭では、既に雪の解けた土の上で、にチューリップやスイセンが芽吹いていたのには驚いた。いつもはクロッカスが真っ先に芽吹くのだが、今年はまだ見かけない。

カテゴリー: 動物, 天候, 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 | コメントする

半端な除雪と暖気

⛄ 2月の排雪完了後、2月29日から3月5日までの延べ降雪量は42センチ。5日夜半に除雪車が入ったが、翌朝見ると路面の雪を脇に掻き上げただけ。車1台は通れるのだが我が家のアプローチにも固い雪をごそっと残していった。

⛄ 私もいささか切れて、6日の朝のうちに西土木事務所に電話した。「すぐ見に行きます」との返事に、待っていたがなかなか来ず、止む無く妻とアプローチの塊をよけていた。午後遅くに市の担当者が2名、見には来たが、明確な回答はせず帰っていった。
⛄ その後全く対応がなく、あきれて放っておいたが、その後続いた高気温のため固く締まった雪が、そのままの形で表面から溶けている。

⛄ きょうはぐんぐんと気温が上がって、午後2時前には我が家の測定器で19.7℃を示していた。一時は20℃に届いていたのかもしれない。

カテゴリー: 日々つぶやき | コメントする

知事の緊急事態宣言

 昨夕、北海道の鈴木知事が緊急事態宣言を打ち出した。昨日までに道内で63名のコロナウイルス感染者が発見され、国内でもそのペースが一番早いことへの処置であろう。クラスターが発生しつつある道内での引き締めを図り、動きが鈍いままの国の処置に対しての大きな先手決断をとった形だ。
 『新型コロナウイルスの感染を防ぐため、オール北海道で取り組んできましたが、状況はより深刻さを増しています。早期の終息、そして皆さんご自身と大切な人の命と健康を守るため、お願いしたいことがあります。感染の拡大防止のため、この週末は、外出を控えてください。皆様のご理解とご協力を、よろしくお願いします』

 今日から3月19日までの3週間で、特に週末は道民に外出を控えるよう呼びかけた。

カテゴリー: やれやれ・・・, 健康, 日々つぶやき | コメントする

多雪・排雪

⛄ 1月末までは気温があまり下がらず、主要道路ではアスファルトが表われていた。しかし2月3日から3日間に、一気に66センチの降雪があり、総積雪が79センチになり札幌での記録を更新したと、TVュースで報道された。

🐤 そんな中でも、ツグミ・シジュウカラな・スズメなどが集まってきた。

⛄ 2月15日から町内会発注の排雪作業が始まっっていたが、我が家の近くはそのルートの最後に当たっており、昨日(2月25日)にやっと完了した。

⛄ 道路の幅はゆったりとし、路面近くまで排雪してくれた。我が家の東側も、塀の際30センチほどまで排雪してくれていた。
⛄ 快晴のきょうは気温も上がり、道路面の一部でアスファルトが顔を出していた。天気予報では、あと3日ほどは快晴が続いて気温も上がるが、来週にはまた大雪だとか。

カテゴリー: 天候, 季節, 日々つぶやき, 自然 | コメントする

ノドアカツグミに出会う

🐤 9日の夜、息子夫婦から『珍鳥が出たよ』とラインメールが入った。『まだいる』とのことで、翌朝迎えに来てくれた。南区のとある場所。行ってみるとカメラマンが数人
いたので、場所を知った。雪の降りしきる中、1羽のノドアカツグミがナナカマドの実のついた枝に止まり、時々樹々の間を移動してはまた戻っていた。私たちにとっても初めての出会いで、図鑑にも『稀な迷鳥』と出ており、『ノドグロヅグミの亜種』とある。首のすくめ方で、喉元の赤茶色が大きくなったり小さくなったりする。

🐤 雪が強く降ったり止んだりするなか、感動して移動していると、しばらく行った先の小川の中洲で何やら動いている。息子が『カワガラスらしいよ』と言うので、双眼鏡で確認すると、やや遠いが確かにカワガラスが一羽、中洲の端で川に入ったり出たりを繰り返している。50倍デジカメのズームを目いっはいに引いて、解像度は悪いが何とか写したのが下の写真だ。カワガラスは自宅近くでよく見たのだが、ここ数年見ていない。

🐤 また自宅まで送ってもらったが、彼らの気遣いと鳥達との出会いがうれしかった。娘夫婦も、子供の一人が大学受験で気を張っている中、私達にも気遣いをしてくれる。
ありがたいことである。

カテゴリー: 動物, 季節, 自然, | コメントする