ガソリンの価格

 このところ石油系の価格の高騰が続いている。この7月から、北海道内のレギュラーガソリンの平均価格がリッター当たり180円をやや上回っているという。自宅の近くのジョモのスタンドでは、7月始めに179円をつけた。

DSC04420-540+360 レギュラーガソリン リッター単価179円( 7月4日、札幌市中央区 )

 このスタンドでは先週あたりから178円になっている。また先日天売・焼尻に出かけたとき、帰りに留萌市のモダ石油で入れたときは177.8円で、会員だったので1円引いてくれた。

DSC04694-540+360 レギュラーガソリン リッター単価177.8円( 7月12日、留萌市 )

 そして一昨日、上富良野からの帰りに富良野市内で入れたときはセルフで172円であった。札幌まで補充する予定ではなかったのだが、思わず寄って満タンにした。

20080728140559
レギュラーガソリン リッター単価172円( 7月28日、富良野市 )

 ネットで調べると、旭川、帯広、函館方面のスタンドでは、163~164円の所もあるようだ。地域性やスタンドの立地、競争もあるのだろうが、かなりの差があるものだ。こんな状態で、マスコミでは8月からまた4~5円程度の値上げがあると騒いでいる。
 あと3か月もすると、また灯油を買う季節になる。私の住むマンションでは集合給油になっていて、管理組合と販売会社との契約で価格を決めているが、前回は一冬の間に3回の値上げ要請があった。いま近所のスタンドでは、リッター当たり123円から130円のあいだで販売されている。10月ごろにどのような価格になっているか、不安である。いまも給湯で少しずつ灯油を使っているが、現在の単価は129円である。

カテゴリー: やれやれ・・・, ドライブ, 日々つぶやき パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA