先行きが心配なコロナウイルス

 全世界での新型コロナウイルスの感染者がまだ増え続けている。特にアメリカでの感染者の急増が心配である。日本では落ち着いてきたとして、最近外出自粛を解かれたために、感染しても発症しにくい若い人たちが繁華街を歩き回り始めている。それが感染源になって、再度感染のクラスター爆発が起こるのではないかと気になっている。
 一時全国で一番感染者数の多い時期が続いた北海道では、今月初めに鈴木知事による小・中学校の休校指示と、道民への週末の外出を控えるようにとの依頼で、徐々に増加が頭打ちになってきた。
 ところが、経済の落ち込みや就業者の収入減などで、一時全国的な感染者増加のゆるみがあってか、行政の拘束がやや弱まったとたんに、東京都の増加が始まって、国や東京都の慌てぶりが目立ってきた。

カテゴリー: 日々つぶやき パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA