ウエッジウッド ラニーミード ブラウン

 ウエッジウッドの中に、ラニーミードというシリーズがあり、プラチナ、ブルー、ブラウン、クリーム、グリーン、ピンク、ターコイズなどの色合いがある。この中でボンドシェイプがあることがはっきりしているのは、ブルー、ブラウン多色、ブラウン単色、ピンク、ターコイズ(ピンクシェル)、ターコイズ(ブラウンシェル)の6種である。先日、ブラウン多色のものを入手した。ほかに手持ちはターコイズ(ピンクシェル)である。

WW-Runnymede-brown-W4577-207-All-600_400

 恥ずかしながら、この『ラニーミード』という名前の意味はまだ把握できていない。ご存知の方が居られたら、掲示板かメールでお知らせください。

PS. 10月27日、閑児さんから「まゆみさんのサイトに説明がありますよ」と連絡を頂き、確認したら確かにラニーミードの説明が載っていた。まゆみさんはラニーミードのリー・シェイプのうち、グリーン、ターコイズ(ピンク・シェル)そしてダーク・ブルーをお持ちである。さらに、ボンドシェイプのピンクとターコイズ(ピンク・シェル)もお持ちである。
http://www.eonet.ne.jp/~my-favorites/frame_shokki.htm
内容を引用させていただいた。
 「1215年にマグナカルタ(大憲章)が調印された草原・ラニーミードを、ウエッジウッドのデザイナーが訪れたときに、イメージを得て作成した、と言われる」

カテゴリー: デミタス, 日々つぶやき, 陶磁器 タグ: パーマリンク

2 Responses to ウエッジウッド ラニーミード ブラウン

  1. 閑児 のコメント:

    ラニーミード・・・ってたしかまゆみさんのHPのカップに説明のついたものがありました。3つか4つありましたよ。
    http://www008.upp.so-net.ne.jp/yoshimura/wedg_cup_up23.htm

  2. DAD のコメント:

    たしかに、まゆみさんの上記サイトに説明がありました。イギリスでは、歴史的に有名な場所の地名だったのですね。
    まゆみさんにも連絡をとってみます。お知らせいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA