中秋の名月

 きょうは一日中よく晴れた。その割りに日中は暑くならず、日暮れて涼しくなってくると、東の地平から満月が昇ってきた。きょうは今年の中秋である。毎年旧暦の8月15日が中秋と決められているので、新暦に直すと常に変化している。去年は9月25日、来年は10月3日である。

IMG_9222-540+360 自宅から観た中秋の名月(2008年09月14日18時06分)

 いまちょうどデジタル一眼レフカメラと、500ミリの望遠レンズを預かっており、空気も澄んでいるので、月面の撮影を試みた。どうしてもピントが甘いが、どうにか月面の影が撮影できた。

IMG_9237-540+360best 500ミリ望遠で(2008年09月14日18時34分)

 この月面の影は、古来その形から色々に見立てられてきた。日本では、古くから「ウサギが餅を搗いている」と言われ、東南アジアでは「2匹のウサギが向かい合っている」また中国や南半球では「カニが爪を振り上げたところ」だったり、ヨーロッパでは「女性が本を読んでいる」だったり、探せばもっと出てくると思う。私には「カニの爪」がいちばん見立てやすい。

カテゴリー: 季節, 日々つぶやき, 自然 タグ: パーマリンク

2 Responses to 中秋の名月

  1. とくべえさんのお友達 のコメント:

     十五夜の写真良く撮れています。
     お天気が良くてよかったですね。
     こちらは、いっとき薄雲を通してちらっと見えましたが、余所を見ている間に今度はどこを探しても居ません。
     忽然と消えてしまった感じです。
     また来年まで待たなければなりません。
     それまで頑張ります。

  2. とくべえ こと DAD のコメント:

    かまくらびとさん
    こんばんは。そちらでは月も泣いたのでしょうか、残念でしたね。
    こちらではきょうも、月がまだまんまるに見えます。そろそろ南中するでしょう。
    満月は毎月巡って来ます。でも中秋を1年間じっくり待とうという心構えは嬉しいですね。
    鳥でも、1年のうちの僅かな時期にしか見られない渡り鳥も多いのですから、ともに先を見てじっくりと待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA