ハマナスの花と実

 きのうサッポロさとらんどへ行った時、園内のあちこちにハマナスが植えられており、既ににぎやかに実をつけたものや、実をつけていながら花も咲かせたものなどがあった。

20080810-76-Hamanasu-540+360

 また花の色は濃いピンクばかりと思っていたが、白味の強い八重のものも咲いていた。

20080810-90-Hamanasu-540+360

 ハマナスの分布は北海道と本州の北部。南限は太平洋側では茨城県鹿嶋地方、日本海側では鳥取県となっている。またハマナスはハマナシともよばれ、どちらが正しい呼称かは学者間でも意見が分かれるそうだ。この実は生食できるとなっているが、私は食べたことがない。ネットで見て見ると、これでジャムを作っている人がけっこう多く居るようだ。また焼酎に漬けて果実酒として楽しんでいる人も居るようだ。

20080810-09-Hamanasu-540+360

 また実は付けていないが、一つの枝に小振りの花を沢山付けているものもあったので、管理事務所の人に尋ねたら、これもハマナスの仲間で、ハマナス・グルーテン・ドルストという品種だとのことであった。

20080810-11+92-Hamanasu-540+270 ハマナス・グルーテン・ドルスト

カテゴリー: ドライブ, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA