近所のシバザクラ

🌸 いま近所を歩くと、あちこちの庭でシバザクラが幅を利かせている。ほぼ全体が単色で咲かせているが、パッチワークのようにしている所はあまりない。

🌸 北海道でシバザクラで見事なパッチワークの景観を見せているのは、東藻琴町や滝上町の庭園が見事なのだが、TVの紹介を観るのみで、まだ実際に観に行ったことはない。

カテゴリー: 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 | コメントする

クサボケとボケの違い

🌸 自宅でいま開花している花木の花は、ボケだと思っていたが、どうも成長が遅くて4年目で樹高は30センチもなく、枝が横に拡がっていく。ところが近所で咲き出したボケは、上へと枝を伸ばしていって、自宅のものとよく似た紅色の花を咲かせている。
🌸 不審に思って図鑑をよくよく調べたら、どうやら自宅のものはボケではなく、クサボケであることがわかった。花がそっくりなので、間違えていたようだ、

🌸 図鑑によると、クサボケは高さ1メートル以下で、枝を横に伸ばし、ボケとよく似た花を咲かせるという。これに対してボケは枝を直上させ、高さが2~3メートルになる。
🌸 近所のボケは高さ2メートルほどで紅色の花を咲かせていて、その隣に同じ葉振りで、よく似た形の白い花を咲かせるボケがあった。

🌸 なお、ネット上にはほかにビンクや黄色の花のボケが掲載されていた。また1本の枝に紅白2種類の花を咲かせるものや、一つの花で5枚の花弁を2色に咲き分けているもあった。フリー画像なので、拝借して貼っておく。

🌸 クサボケもボケも同じバラ科だが、クサボケは北海道の植物図鑑にはない。
   ボケ   Chaenomeles speciosa
   クサボケ Chaenomeles japonica

カテゴリー: 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 | コメントする

キバナカタクリ

🥀 咲いていたカタクリの花は、すっかりしぼんでしまったが、そのままでまだ立っている。株を増やしたい。その隣で、株を増やしたキバナカタクリが花を広げ始めた。
🥀 これで、旭川の男山公園の白花と合わせて三色を確認した。ネットの画像の中には、青味がかって見えるものや、花弁が鋭く細いものもあるようだ。

その後

カテゴリー: 日々つぶやき, 自然, 花・植物 | コメントする

菜園の地縄張り

🥬 今日は、先日耕耘して少し雨にさらしておいた菜園に、地縄を張った。小さな菜園なので、毎年栽培した野菜の連作を避けるため、一応仕切りを設けて記録図を作成している。それを見ながら、これから植えるものを検討していく。

🥀 菜園の周囲では花を楽しんでいるが、今は小さなボケが花を付けており、アネモネがいつもの場所で群れを増やしている。

カテゴリー: 日々つぶやき, 自然, 花・植物, 農耕園芸 | コメントする

黄砂か、青空ぼける

✒ 今日の天気予報では、北海道では朝のうち雨、午後は晴れるが黄砂が飛来する、とのことだった。予報の通りで、雨が上がったあと、大陸方面からの黄砂が飛来したようだ。
✒ いつもの快晴なら空が抜けるような青色なのだが、東に少し雲がある以外には、青空なのに全体に白っぽく、ぼんやりとしていた。PM2.5も気になる。

🥀 庭では、一昨年に山野草園で求めてきたユキモチソウが開花した。サトイモ科で、テンナンショウやマムシグサの仲間である。紀伊半島や四国に自生するという。

カテゴリー: 天候, 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 | コメントする

気温上昇、花増える

🥀 このごろ雨降りの間に快晴の日もあり、次第に地温が上がってきて庭の花も増えてきた。去年、山野草の専門店で求めてきた、ユーラシア大陸系のヨウシュ(洋種)オキナグサ、カラフト系のルイコフイチゲなどの山野草が薄い青紫の花を咲かせている。

🥀 また山のエンレイソウはまだ見に行ってはいないが、以前買い求めてきたきたオオバナノエンレイソウは、株を増やして見事に開花した。

🥀 またこの土地を買う前から植えられていたスイセンも、株を増やして開花している。このスイセンの品種名は失念したが、口が大きいので俗称ラッパスイセンの仲間と思う。

カテゴリー: 日々つぶやき | コメントする

耕運機稼働

🥬 数年前買い求めて、毎年畑づくりを始める前に使用している、カセットガス利用の耕運機を、きのうまた2時間ほど使用して軽く耕した。

🥬 転居時から植えてあったアスパラガスの部分と、昨年植えこんで越冬したニンニクの部分を除いて、この機械での目いっぱいの深さ約30センチほどを耕耘した。
🚜 最後にエンジンの下を分解し、ドライバーとワイヤーブラシで土や草の根を除去し、また組み立てなおして物置に収納した。

カテゴリー: 日々つぶやき, 自然, 農耕園芸 | コメントする

雨のち晴れ

🌂 昨日からの雨が昼過ぎまで降った。気温もなかなか上がらず、アスパラガスの伸びもよくないが、雨が上がって陽が出ると、ゼラニウムの葉にしずくが残っていた。

🌸 またライラックのつぼみが伸びて広がってきた。ツボミがまだ小さいうちから、その花の色がほぼ分かるようになる。

✒ 昨日(2日)には、新型コロナウイルス感染者が、北海道全域で326人、札幌市だけでも246人となり、ともに1日の感染者で過去最大になった。

カテゴリー: 天候, 季節, 自然, 花・植物 | コメントする

ヒマラヤユキノシタ

🌸 ユキノシタを初めて見たのは関東に住んでからだが、それは本州から九州にかけて分布し、直径4センチほどの縮れた円葉に小さな薄紅色のチドリのような花が咲く、ユキノシタ科ユキノシタ属の花である。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 87a31f3196c8c501dc471e25b344b879.jpg

🥀 私たちが札幌で所帯を持ったころには見たことのない花が、ユーターン後に今の住まいの近辺で、庭の花として多く目にするようになったヒマラヤユキノシタ。

🌸 ヒマラヤユキノシタは、ユキノシタ科ベルゲニア属で、ユキノシタとは花の形態も大きさも全く違って、だいぶ大きい。中近東からチベットにかけての原産で、いつどのようにこの札幌に入ってきたかは未調査。雑草のようにたくましく、雪が消えると真っ先に咲き出す。近所のあちこちのお宅の庭先で見かける。

🌸 他に早くから咲き出す園芸種のムスカリは、4月24日の『ムスカリとヒヤシンス』のページにアップしてあるが、今その下向きのつぼ型花弁の口が開いて白く化粧している。

🌸 琴似発寒川の川沿いでは、既にエゾヤマザクラが満開で、花の若い時は花芯が黄色だが、もうだいぶ紅色になってきたので、そろそろ散るのだろう。

🌸 ライラックのつぽみも膨らんできた。花の色としては、淡紫色が圧倒的に多いのだが、他に白も2割ほどあり、たまに濃紫色のものがある。

カテゴリー: 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 | コメントする

自宅の花 2021/04/29

🌸 近所で見ていたカタクリが、自宅でも2株開花した。うち1株は2個の花を付けた。陽当たりの良い近所の庭では、株が群生している。自宅は日陰で、株が孤立したまま。隣に植えた栽培種のキバナカタクリは群生してきたので、日照との関係は今一つ分からない。

🌸 やはり日陰に植えてあるプシキニアは、目立たない花だがじわじわと株が増えている。早春から開花し、白っぽい小花の塊に見えるが、よく見ると壺状の白い花弁に、青いすジが入っていて、可憐である。

🌸 またスミレも散在して今が花の最盛期。鉢に移して楽しみたい花だ。スミレの仲間は種類が多くて、品種の特定はできていない。『スミレ』として楽しんでいる。

カテゴリー: 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 | コメントする