ふと想うこと あれこれ  ⇒目次へ
 2020/07/28 不気味な一日

 昨夜、不思議な、というより不気味な夢を見ました。最近はめったに夢も見ず、明け方に「妙な夢を見たな」と思うことはあっても、起きて着替える頃には「何か夢を見たな」という程度の記憶しかありません。
 ところで、私が卒業した中学校と高等学校とは、毎年10月にほぼ一週間違いで市内の同じホテルで同期会を開催しています。
 高校の同期会は、年齢的に今年で最後にしようということになり、全10クラスのうち、私のクラスともう一つのクラスとで幹事をすることになっていました。しかしコロナウイルス騒ぎが沈静化しない中、今回は1年延期しようと決めたばかりでした。

その夢の話
 私に、卒業した高校の同期会案内状が2通、届きました。どちらも同じ日時で、場所も同じいつものホテル。ただ会場が一方は本館7階の大ホール、もう一方は3階の中ホールでした。
 私はさほど不思議には思わず、その2通の案内状を持って早めにホテルへ出かけました。まずは本館の7階に上ると、明るいホールの入り口前に受付テーブルがあって、何人かの幹事が受付をしていました。会場の内外には、受付を済ませた懐かしい顔ぶれが談笑していました。私はまだ時間があるので、3階の会場へ行こうとエレベーターホールまで行くと、エレベーターから降りてきたのが、AK子さんでした。
 彼女は私の顔を見ると、「いま3階の受付に行ったんだけど、私の名前がないのよね。こっちにあるのかしら」と不安げな顔で言いました。「そうだね、変だね」となま返事をして、なんだか薄暗いエレベーターに乗りましたが、「名前がないというのは変だ…」と思いつつも、さほど気にせず3階で降りました。
 降りてみると、中ホールの入り口に特に受付はなく、横の壁にクラスごとの出席者名簿が貼り出してありましたが、幾度探してもAK子さんの名前も私の名前もありません。入口から会場を覗くと、ぼんやりと黄色っぽい明りの中にぽつぽつと人が動いています。確かにみな見覚えのある顔ですが、なんかおかしい。よく見ると、みな故人になったはずの人たちでした。「死者の同期会?」

 ぞくっとしてホテルを飛び出すと、外はかなりの雨降りでした。構わず走り出したところで、目が覚めたのですが、びっしりと汗をかいていました。この夢は、なぜか記憶に残り、この後に続く出来事によって、さらに強烈な記憶になりました。

 
続き
 起床後は徐々に夢の記憶も薄れつつあったのですが、夕方に居間で古い写真を整理していた時、前の住まいの近くで定期的に会って飲み食いしていた中学同期生の「生存確認の会」の2008年夏の写真が出てきました。
 11人が写っていましたが、左右2列ニ並んでいて左の6人は全員健在。右の5人のうち、私を除く3名は亡くなり、1名は体調不良。

 そんなことから、朝の夢のことがまた思い出されてきて、何か落ち着きません。妻に話して「俺もそろそろかな」というと、叱られました。
 他の用があって、中学・高校同期のYN君との電話でその話を漏らすと、思いっきり笑われた後、急にまじめな声で「いやぁ。笑いごとじゃないよなぁ。お互いに用心しようや」と返されました。