ウッジウッド ランボーン ボンド

 ウエッジウッドの『ランボーン” Lambourn “』は、普通のコーヒーカップやティーカップは時々市場に出ている。しかしボンドシェイプはなかなか見つからなかったのだが、先日やっと見つけた。1995年に、創業者ジョサイア・ウエッジウッドの没後200年になるのを記念して、製作された。” Lambourn “というのは、「イギリス・バークシャーの中の一教区の名前」というのまでは分かったが、それ以上の由来はまだ不明である。

WW-Lambourn-bond-217-All-600_400 ランボーン(マーブル・グリーン)

 このデザインのベースになっただろうと思われるのは、1993年に製作・販売された『カーゾン”Curzon”』であるが、こちらの由来はまだ全く把握できていない。

WW-Curson-bond-033-All-600_400 カーゾン(マーブル・ブルー)

カテゴリー: デミタス, 日々つぶやき, 陶磁器 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA