大倉陶園 クリスマスローズ チベタヌス デミ

 大倉陶園が昨年から始めた、クリスマス・ローズをデザインしたデミタスの、第二弾が発売された。昨年はヨーロッパ原産の “Helleborus niger” を67Cタイプに描いたものである。今年はチベット原産の “Helleborus thibetanus” を68Cタイプに描いている。

All-600_400 クリスマスローズ “Helleborus thibetanus” ( 68C/C239-2 )

大倉陶園の製品カードから
 「クリスマスローズの原種のほとんどがヨーロッパ圏であるにもかかわらず、東アジアに原生する唯一の品種、[ヘルボルス・チベタヌス]。雪深いチベット山脈を越えその地に根付くまでに、どれほどの時間がかかったのでしょう。今から140年程前に発見され、それ以降見つからず『幻の植物』と言われてきましたが、1989年薮の中に群生する姿が再発見され、多くの園芸家に衝撃を与えたロマンのある花です。」

CR_C239-C62-400_200aHelleborus niger(2007)    Helleborus thibetanus(2008)
クリスマスローズシリーズ

CR-G039_C239-C68-400_200 ハナミズキ      クリスマスローズ
68Cシリーズ

カテゴリー: デミタス, 日々つぶやき, 花・植物, 陶磁器 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA