バラク・オバマの勝利

 一昨日、アメリカでは大統領選挙が行われ、民主党のバラク・オバマ氏が当選した。選挙前の論調では、オバマ氏の各政策の表現に同意する点が多かったので、ほっとしてはいる。

photo147856-line_art-1greylight-540+360 Barack Hussein Obama, Jr.(描画:DAD)

 ただ日本のマスコミの表現に、気になる書き方が2件あった。1つは『黒人初の大統領』というところ。もう既に表現の段階で人種を強く意識している。2つは、『先祖は奴隷ではなく、白人の女性と、アフリカから帰化した黒人男性との間に生まれた二世』という表現。先祖が奴隷でなかったからいいのだろうか。
 いずれにしても、彼に残された負の課題は非常に大きい。そして彼は日本に対してさほど甘くはないと思う。日本は、今までのようにおもねりだけに見えるような外交政策に決別し、アメリカだけでなく他の国に対しても、「外交音痴」と言われないような、国家としての明確な外交路線を作っていくべきではないか。

カテゴリー: 日々つぶやき タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA