樹の実と鳥たち

 広葉落葉樹がだいぶ葉を落としたので、樹の枝に止まる鳥がよく見えるようになった。冬鳥もぼちぼちとやって来て、さえずりは少ないが地鳴きで存在を示している。

DSC00415a-540+360 ナナカマドの実とツグミ

DSC00410-540+360 スズカケノキ(プラタナス)の実とヒヨドリ

 写真に撮れたのは上の2種だが、ほかにウソ、ヤマガラ、カワラヒワ、シジュウカラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、スズメ、ドバトに出会った。ツグミはナナカマドの実を啄ばんでいた。
 今日は私達の結婚記念日。38年になる。いつもはほとんど何もしないのだが、今年は3日ほど前に、妻が行きたがっていた寿司屋で、旬のおまかせで握ってもらった。私は何でも食べるが、妻はなぜかハマチ、イクラ、ウニ、ホタテそのほか高級なものがにがてである。それを仲居さんにメモってもらうと、板前さんが別の物で握ってくれた。

カテゴリー: 動物, 日々つぶやき, 自然, 花・植物, タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA