秋の気配

 9月26日から5日間は最低気温が10℃以下になった。昨日・今日の朝は若干暖かいが、それでも空気が冷めたくなり、長袖の上着を着ないと外を歩けない。街路樹も黄ばんできており、トチノキなどは葉の両側が茶色く縮れてきている。ナナカマドの実は赤さを増し、葉も黄ばんできた。イチョウの葉も根元に近い下葉は黄色くなり、雌の樹のギンナンも熟してきて、今にも落ちそうである。

DSC09595-540+360 トチノキの古葉と新芽

 トチノキは8月末に剪定されたせいか、葉を落とす時期になって一部がまた新芽を吹いている。ドウダンツツジやカエデの仲間などは、今は茶褐色になりつつあるが、もう少しピシッと冷えると赤味を増すだろう。

カテゴリー: 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA