素朴なコスモス

 札幌でのコスモスは、早いものは6月末頃から咲き出し、今も和名の『秋桜』のように、この初秋の道端のあちこちで咲いている。私が初めてコスモスを知ったのは、小学生の時、友達からあの細長く湾曲した種を3粒もらって植えた時であった。芽出しの始めの頃は、にんじんの葉のような頼りない細い葉が立ち上がっていたが、見る見る背丈を伸ばして沢山のピンクの花を付け、種を散らす頃には太い「樹」のように、高くたくましくなった。

DSC09433-540+360

 最近はコスモスだけで見事な花畑をなしている所が増えてきた。赤や白の花弁のものも一緒に混植している。8月中旬に、郊外の貸し農園で筒状の花弁のコスモスを見つけた。重々しくて華やかな花であったが、昔からの素朴なコスモスもいい。
http://dadandmam.whitesnow.jp/moiwayama/?p=797

カテゴリー: 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA