ホトトギス

 ホトトギスと言っても鳥ではなく植物である。関東地方以西と北海道南西部という特殊な分布域をしており、札幌では庭の片隅にそっと植えられているのをたまに見かける。

DSC09685-540+360

 きのう娘の家族の住まいに行ってきたが、その近くの植え込みにホトトギスが今を盛りと咲いていた。

DSC09687-540+360

 植物図鑑には、この花の模様の斑点の付き方が、鳥のホトトギスの胸の模様に似ていることから『ホトトギス』と名づけられたようだとあるが、私には花の名前が先であっても納得できそうな気がする。なお、これは蕾の色が紫紅色をしているので、タイワンホトトギスかそれと日本のホトトギス(蕾は緑がかっている)との交雑種かも知れない。

カテゴリー: 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA