モミジアオイ

 近所の庭にあるモミジアオイが、花を咲かせ始めた。夏の暑さが一段落した時に咲き始める。花は咲くと一日でしぼんでしまうが、つぼみがたくさん付いて、晩秋まで永い期間に次々と花が咲き、飽きがこない。

DSC09260-540+360

 学名は Hibiscus Coccineus でハイビスカスの仲間。アメリカ合衆国南部の沼沢地原産の多年草で、花の直径は15センチにもなる。茎の高さは2メートル前後になり、花色の違いは緋紅色の濃淡がある程度。

DSC09257-540+360

 ある私道の入口に立っていて、昨年見つけたので今年も楽しみにしていた。偶然だが、きょう買い物がてらあまり通ったことのない中通りを歩いていて、もう一箇所このモミジアオイが咲いているところを見つけた。

カテゴリー: 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA