ジャコウアオイ

 以前このブログで、タチアオイに似ているが花も小さく、図鑑にも掲載されていないものの写真をアップしたところ、ネットのお友達の閑児さんから「これはウスベニタチアオイではないか」と学名とともにお知らせ頂いた。近くの中央図書館の大きな図鑑で調べたところ、これが正解であった。
 きょう近所を歩いていて、花の形や大きさはウスベニタチアオイによく似ているのだが、葉が全く違い、花が白いものを見つけた。しかもそこから50メートルほど先の荒地で、今度は同じ形状でピンク色の花をつけたものを見つけた。図鑑によるとジャコウアオイに間違いないようだ。

DSC09307-540+360

 どちらも囲いをした空き地にあるので、近々つぶされる可能性が高い。白い方は種子を採取できたが、ピンクのほうはまだ咲きはじめであった。

IMG_9195-W-540+360

 近い将来に、タチアオイを集めた花畑を作りたいと思っているが、このジャコウアオイやウスベニタチアオイ、そしてモミジアオイやアメリカフヨウ、フヨウ、ムクゲなどアオイの仲間をともに植えてみたいと思っている。

IMG_9195+9200-540+360

カテゴリー: 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA