アメリカフヨウ

 藤沢市に住んでいた時、すぐ前の小学校のグランドの縁に、毎年ピンクの花を咲かせるアメリカフヨウがあった。10年ほど前からよく見かけるようになったが、和種のフヨウより少し遅れて咲く。花は大輪で、直径20センチほどになって見事である。ほかに赤味の強いものや、白いものも多かった。

20080905151201

 この札幌でもときどき見かけるが、今のところ全てがピンクである。学名は Hibiscus moscheitos でハイビスカスの仲間である。
 札幌ではモミジアオイも多い。アメリカフヨウとと同じ草本であるが、アメリカフヨウとの違いは花弁の幅が狭く、スカシユリのように隙間があること、葉がモミジりように切れ込んでいることである。近所の獣医院の入り口に毎年1株が咲き、今年は今が見ごろである。

カテゴリー: 季節, 思い出, 自然, 花・植物 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA