変わったコスモス

 きょうは、南区から西区へ抜ける山道の途中にある市民農園を見学してきた。農家の休耕地を地域の農協が借り上げ、1区画50~60平方メートルで150区画程度に区切り、希望者に貸し出している。年額1万円前後で、給水、トイレの設備がある。農機具やタネ・苗・肥料はもちろん自前で、持参するか関連の農協に買いに行く。4月頃には春先の客土をやってくれるそうだ。きょうは5家族ほどが収穫又は手入れに訪れていた。
 トマト、トウキビ、キュウリ、ズッキーニ、えんどう豆、いんげん豆、プロッコリーなどが多かった。1人で手入れをしていた中年男性に聞くと、下が粘土質のせいかダイコンやニンジンなどの根菜類は手がかかるとのこと。

DSC05134-540+360 トウキビの手前にコスモス

 この貸し農園は野菜に限らず花を植えている人も多い。ヒマワリ、マリーゴールド、コスモス、ブルーベルが多く、特にコスモスは花弁が筒状になったものが多く咲いていた。また八重に近いものも咲いていた。これらのタイプのコスモスは、私は初めて見るものであった。

DSC05129+5130-540+360 筒状の花弁のコスモス

DSC05131+5133-540+360 八重から二重の筒状花弁のコスモス

カテゴリー: ドライブ, 季節, 日々つぶやき, 自然, 花・植物, 農耕園芸 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA