ひなたねこ

 8月に入ってから最高気温が30℃を超えたのは2日。最低気温が20℃以上だったのは4日と、気温的には凌ぎやすい夏である。しかし陽射しを直接皮膚に受けると、紫外線のせいかピリピリと痛いのだ。
 屋内がどんなに暑いときでも、ネコのピーは陽射しを求めて窓際に擦り寄る。16歳と高齢なことと、腎機能の低下とで痩せこけているので、少しでも外気が当たると寒いのだろうか、真夏でも窓を開けるのを嫌う。人間で言うところの「痛風」なのではないかと思っている。

DSC09087-540+360 アボカドの鉢と”ピー”

 外気温が下がってきたので、けさアボカドの鉢を室内に入れて陽に当てたら、ピーがその横でひなたぼっこをしていた。毛が厚いので太って見えるが、中身はかなり痩せて2.3kgしかない。また最高で7kgあったので、痩せた分の皮膚がたるんで、歩くとぶらぶらしている。それでも投薬のせいか、このごろ食欲が出てきた。
 今夜は、この近隣に住む私の中学同期生の飲み会がある。前回は、札幌ドームでの日本ハムファイターズの試合を、観戦した。誰からということもなく、8人ほどが3か月に1回程度集まって、「生存の確認」をしている。

カテゴリー: 動物, 季節, 思い出, 日々つぶやき タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA